広島・福山から西日本エリアまで地質調査の専門スタッフが、お客さまのお悩みを解決。有限会社 西本地質

  • 084-949-2150

簡易支持力試験(キャスポル)

簡易支持力試験(キャスポル)とは

国土交通省近畿地方整備局が民間企業と共同開発した簡易支持力測定器で、ランマー(重錘)を一定の高さから地盤に自由落下させたときに生ずる衝撃加速度の最大値とCBR値、k値、qc値などとを相関させる衝撃加速度法を基本原理としています。
キャスポルは、下図の通り本体部と表示部とから構成されており、直径50㎜、質量4.5kgのランマーを高さ45㎝から自由落下させ、ランマー内臓の加速度計で衝撃加速度を測定し、その値と関係式から求めたCBR値等を表示器のディスプレイ上に表示します。
作業実施風景

試験機具と反力の設置例

キャスポルの現場実績はこちら

よくある質問とその答え

簡易支持力試験(キャスポル)で何ができるの?

粘着力C(kN/m2)、内部摩擦角φ(度)、CBR値(%)、地盤反力係数K30(MN/m3)、コーン指数qc(kN/m2)を瞬時に測定する事ができます。

工事現場で主にどんな時に利用されているの?
  • 簡易的な構造物(補強土壁、ボックスカルバート等)の支持力の算出
  • 平板載荷試験が不可能な狭い作業スペースでの支持力の算出
  • 路床のCBR値の確認
  • その他、平板載荷試験、現場CBR試験の代替えや補完試験
簡易支持力試験(キャスポル)
工事現場で主にどんな時に利用されているの?

1測点当たり(5点の平均値)15分程度で、その場で測定結果をプリントアウトが可能です。
そして測定後、計算が15分程度かかります。従って、合計30分程度です。

簡易支持力試験(キャスポル)による施工管理の土質範囲,主な適用範囲は?

簡易支持力試験(キャスポル)で精度よく測定できる土質範囲は、最大粒径が37.5㎜以下、10㎜以上の礫を30%以上含まない土質材料です。
また、施工管理の主な適用範囲は、地盤支持力度が294.3(kN/m2)以下の構造物(高さ5m以下の各種擁壁、ボックスカルバート等)工事における支持力の算定、道路工事における路床のCBR値および地盤反力係数の算定等です。

地盤の許容支持力度の算出方法は?

地盤の許容支持力度公式(国土交通省告示1113号)に、簡易支持力試験(キャスポル)で測定した粘着力C(kN/m2)または内部摩擦角φ(度)を代入して算出します。

簡易支持力試験(キャスポル)作業の流れ

簡易支持力試験(キャスポル) の一般的な流れです。詳しくはお問合わせください。

簡易支持力試験(キャスポル)作業の流れ

キャスポルの現場実績はこちら

幅広いご相談・ご要望に、お客様へ適切なご提案を致します。

初めて試験を行わないといけなくなったお客様の多くは、なにから手をつけたらよいのか悩まれてる方が多くいらっしゃいます。
そういったお客様にも私たちは親切・丁寧にご納得いただけるまで対応致します。

専門スタッフまでお気軽にお問合わせ下さい。
お問合わせについてはこちら